スポンサードリンク

巻き爪を克服するために

巻き爪というのは足の爪が横に曲がってしまっているような状態です。

「なんか歩いていると指先が痛い・・・」
私自身も経験がありますが、最初はまさにそんな感じでした。

私の場合はそこまで重症という程のものではありませんが、一度爪を深爪のようにしてまた伸びてくると必ずと言っていいほど毎回食い込みぎみに伸びてきてしまいます。


最初巻き爪の知識が乏しかった頃はとにかく歩く時や指先にちょっとした衝撃が加わると痛いというのがあったので伸びてきたらすぐにまた深爪をするというのを繰り返していました。

もし今同じような状況であればこのような方法は取っていませんが・・・

ちなみに日本人の10人に1人は巻き爪に悩んでいると言います。
私の友人は巻き爪がひどすぎて普通に生活をしているだけでも激痛に襲われるということで手術をして治療をしたという人もいました。


軽症の巻き爪の人も含むと実際にはもっと多くの人が悩みを抱えているのではないかと思います。

男性でも巻き爪になりますがやはり幅の狭い靴やハイヒールなどを履くという点から女性の方のほうが悩みを抱えているケースが多いようです。

先程の私の友人の例でもありますが、重症化してしまうと爪が皮膚の中に食い込んでしまい、そこから炎症を起こしたり化膿してしまって歩くのも辛くなるというケースもあります。

しかし、ほとんどの方がちょっとした巻き爪の場合そんなに気にも留めないでしょう。


さすがに爪の形が完全に変形してしまっているような状態であれば治療法などを考えるかもしれませんが、少し痛みを感じるという程度の巻き爪の場合はパッと見では爪の形に大きな変化がないのでそのまま放置したり、私のように爪切りで切ることで爪が食い込むことを防止するという措置を取っている人も多いと思います。


爪切りで深爪をすることによって食い込まなくなるので痛みはなくなります。ただそれでは根本的な解決にならないばかりか悪化させてしまうこともあるのです。

よく伸ばし続けていたほうがいいとは言われますがさすがに伸ばし放題というのも問題です。
痛みもなくならなければ根本的な解決にもなっていないと言えるでしょう。


そういった方法ではなく、巻き爪には手術をしなくても自分で根本的に解決させる方法もあります。

また、逆に病院に通って治療しなければいけないケースもあります。

そもそも何科に行けばいいの?という疑問も出てくることと思います。
当サイトではそういった巻き爪に関する情報を掲載しているのであなたの巻き爪治療の参考にしてくださいね。

スポンサードリンク